お隣さんはヒトリ暮らし

社会人の一人暮らし日記です。

カウントダウンしたほうがいいのかな

採用担当的にはビッグイベントのうちの一つに当たる、内定者説明会の本番が、ついに今週となりました。

去年一度やっているので、ここまでの準備はかなり粛々と順調に進めることができたのですが、一つだけ、去年と思いっきり違うことがあります。

なんと今年は、完全オンライン開催。

まあこのご時世だから、集合形式なんて時代遅れでしょうという意見はごもっともだし、こんなご時世の中、集合形式で断行したら「あの組織やばい」となるに決まっているのですが、担当者としては、目の前に内定者の方がいない状況で話をするというのは、感触がいまいちよくわからないしどのくらいの熱心さで聞いてくれているのかもいまいちわからないので、白けないか、どきどきものなわけです。

あと、集合形式よりも明らかに大量のPCやら機材を使うので、ブレーカーが落ちないかもちょっと心配で。

また、去年と微妙に違うのは、去年は緊急事態宣言が解除されていた時期だったためか比較的説明会の準備だけに私自身集中できましたし、課としても周りが落ち着いた状況だったのですが、今年はこんな状況なので、昨日も休日出勤をしてコロナ対応業務にあたりましたし、課のみなさまもコロナ業務やワクチン業務で連日バタバタしていて、「説明会がいよいよ!」みたいな緊張感がないままに本番に迫ってしまいました。

でも、「うまくいくかな」なんて弱気なことは担当者として言えませんし、何があっても「やるしかない、成功させるしかない」ので、残り数日、気合をいれて頑張ります。

 

実は今月、説明会というビッグイベントもありつつ、ファイザーを接種するというドキドキイベントもありつつ、そして月末にはついに昇進試験本番があるという状況で、かなり気持ち的には踏ん張らないといけない一か月になっています。

ファイザーも打った後無事でいられるか心配だし、試験もこれまでやってきたことがちゃんと報われるかなぁと不安だし、そわそわと落ち着かない日が続くので、あんまり気持ちを追い込みすぎずに過ごしたいところ。

月末の試験が終わったら、すべての緊張がとけて廃人になりそう…というかいっそならせてほしい…。

そんなこんなで、今日はこれにて。