一人暮らしに必要な食器たち

※本日は他の記事とは趣向を変えた記事となっております。

f:id:uiha-an:20200627151926j:plain

こんにちは。

いきなり食器棚の写真で失礼します☺

突然ですが、一人暮らしをされている皆様は、どのくらいの食器をお持ちでいらっしゃいますでしょうか。

あるいは今後一人暮らしをしようかなとお考えのみなさまは、食器はどの程度揃えるご予定でいらっしゃいますでしょうか。

 

本日は、これから一人暮らしをしようとお考えの方にむけて、「これだけ食器があればそこそこ自炊もできるよ」という視点から、私の持っている食器すべてをご紹介しようと思います。

すでに一人暮らしベテランの皆様、もしくは一人暮らしの予定のない皆様も、人の家の食器棚を覗くことはなかなかないと思いますので、お楽しみいただければ☺

 

持っている食器をすべて並べてみた

f:id:uiha-an:20200627151937j:plain

こちらが私が持っている食器全部になります。

 

ざっくり紹介

写真の最上段がメインの料理を盛るときに使う直径25cmほどの大皿たち。

左から、ハンバーグやたらこスパゲティなどのときに使う淵のほとんどない平皿、スープパスタやカレーのときに使うすこし深さのあるお皿、そしてポトフや水餃子などのときに使う深さのある丼ぶり皿(冬しか使わない)です。

そして写真下から2段目が、お魚料理のときに大活躍する小鉢と魚用のお皿。

左から3つ目までは、煮物や漬物、酢の物などちょこちょこしたものに使用し、右の細長いお皿は焼き魚を載せるときに使用します。

一人暮らしを始めたばかりのころは、お魚用のお皿を持っていなかったので、最上段の大皿(平皿)を使っていましたが、お魚用のお皿を使うことで圧倒的な「健康的和食感」がでるので、お魚をよく食べる人にはおすすめ。

写真の上から2段目はコップ系ですが、左からスープや紅茶のときに使うスープマグ、コーヒーや麦茶につかうマグカップ(全食器の中で使用頻度No.1)、ヨーグルトに使うグラスです。

グラスは、ヨーグルトをよそうことが多いですが、ミニトマトや納豆を入れることもあります(納豆はグラスによそうときれいに見える)。

最下段は、左から食パン用の直径5cmプレート、お茶碗、お味噌汁の器です。

 

数のこだわり

基本的には、1種類1枚をルールとしていますが、友達が家に来たときに必要になりそうなものは例外的に2つそろえました。

私の場合は、友達が来てくれるときにはケーキを食べることが多いので、ケーキ用(普段は食パン用)として直径15cmプレートを2枚、そしてケーキといえば紅茶ということで紅茶用(スープ用)のマグを2つ用意しました(スプーンとフォークも2セットずつあります)。

またマグカップは、使用頻度がぶっちぎりのNo.1で一つではさすがに不便なので、お気に入りを2つ用意しています(「いい歳してキャラものマグカップですか」とか言わないように)。

初めてお皿を買いに行くとき、ついつい「割れたときのために」と2つずつ買ってしまいたくなるのですが、思いのほかお皿は割れないので「割れたとき」のことを考えて2買う必要はないと思います(食器棚の場所を無駄にとるだけです)。

実際、グラスは「すぐ割れそう……」と不安になり2つ買ってしまったのですが、2年経過する今も全く割れる気配がありませんので1つでよかったと思っています(割れたらときはそのときにほしいと思えるものを探して買う方がハッピーですし)。

グーグル教授に「一人暮らし 食器」と尋ねてみると「食器セット」を提示してくれますが、たいていのセットは1種類2皿ずつですしそもそも使わないお皿もセットに含まれているで、日々の食事のラインナップを考えながらまずは大皿から単品で1つずつそろえた方が良いです(とりあえず淵ありとフチなしの大皿を一つずつ買っておけば困ることはない)。

ちなみに、

item.rakuten.co.jp

使っている食器棚はこちらの「キッチンボード コパン(ニトリ)」になります。

同棲する予定の人にはもうすこし大きいものをお勧めしますが(二人分のお皿をしまうにはぎりぎり足りない気がする)、一人暮らしでお家に人がきてもケーキを食べるくらいならば、とてもちょうどよい大きさです☺

 

――以上、お皿紹介でした!