賃貸契約を更新をしたのでこの2年を振り返る

先日、家賃の更新(初!)をしてきました。

早いもので、見切り発車で一人暮らしを始めてから2年終了。

f:id:uiha-an:20200621204622j:plain

(誕生日と合わせてお祝いのパンケーキ)

この2年間は、1度も部屋が物やゴミであふれかえったことはありませんでしたし、なんなら常に整理整頓されていましたし、食事もコンビニに頼ったことは二か月に1度とかでほとんど自炊、お昼ご飯もほぼお弁当持参、洗濯もこまめに行い、体調を大きく崩して誰かのお世話になるなんてこともなく、誰に言っても恥ずかしくない生活を続けられました。

当たり前といえば当たり前のことかもしれませんが、それでも「お部屋をかたずけられない」「自炊を続けられない」「洗濯物をためてしまった」などなどの話を聞くなかでこうしたことを自分がしなかったことは誇りに思っています。

――と、こうやって書くと、何一つ失敗しなかった超優等生のようですが、実はちょこちょこと小さな失敗はしていました。

 

やらかした失敗たち

失敗その①

サラダ油の消費期限を知らなかったので、徳用の大きめボトルを買って半年以上使い続けていたのだけれど、先日開封後は1か月~2か月以内に使い切るのがよい、と聞いて愕然とした。半年以上のものは酸化して味が変わるんですって。うそでしょ。

失敗その②

大きいほうがお得だと思ってファミリー向けのマヨネーズを買ったけれど結局使い切れないまま冷蔵庫に放置。気づいた時には消費期限+1年経っていたので処分した。

失敗その③

安いからとBBクリームを3つほど買い置きしていたら使い始めるころには使用期限が来てしまって無理やり使おうとしたら明らかに危険な臭いがしたので処分。

失敗その④

シャンプーとリンス(メーカーバラバラ)が安くなっていたので買い置き用に3ボトルずつ買って使い始めたものの、髪質に合わず1か月も使い続けることができなかったので実家に寄付した。

失敗その⑤

セールしていた豚肉と牛肉をまとめ買いして冷凍保存をしておいたところ、おそらくもともと痛んでいたお肉たちで、それに気づかず作ったカレーがとんでもない臭気を発して泣く泣く処分。

――情けないことに、ほとんどが「安いから」で失敗しています。

でも、一人暮らしを始めたばかりのころからついこの間までは、お給料も少なく、学生時代4年分の年金の追納も残っていましたし、遠距離恋愛までしていたから交通費と交際費はかさむしで、とにかくお金に余裕がなかったのです。

お金がなかったから、「安いから買おう」「安いうちにまとめて買っておこう」「(その商品が欲しいからではなく)安いから買う」みたいなことをしがちでした。

今でこそほぼ毎日お魚を食べていますが、当時はお魚よりも単価の安いお肉(それも期限ぎりぎりの安いやつ)ばかりを食べていました。

 

お金で生まれた余裕

遠距離恋愛をやめ、ちょこっと昇給できてお給料もちょこっと増えた4月からようやく、「お金に縛られない生き方」ができるようになってきました。

金銭的に余裕が生まれると精神的にも余裕が生まれて「今までの生活を見直すこと」そして「改めること」ができるようになり、「安いから買う」のではなく「ほしいものを買う」「食べたいものを買う」と、本来望ましい状態でお買い物ができるようになりました。

服飾品は、安いものを数揃えるのではなく、それなりに良いお値段のものを数点だけそろえるようにしたおかげで、毎日お気に入りの服をまとってお気に入りのカバンや小物に囲まれて気分よく過ごせるようになりました。

サラダ油もマヨネーズも、単価は高いかもしれないけれど使い切れる小さいサイズを買うようにしたおかげで、美味しくて体にいいものを食べられるようになりましたし、お化粧品類も安いものではなくて高くても自分の肌にベストなもの探そうという気持ちになれました。

安いお肉ばかり食べるのをやめてお魚を食べるようになったおかげで、大概のお魚は捌けるようにもなりました。

人間関係の面でも、しばらく疎遠になってしまっていた友人たちと再会(←3月時点)できたり、職場の同期と心置きなくランチにいけたりなど、明らかに交友の幅が広がりました。

 

こだわりと「ご贔屓」の品を探す3年目

3年目以降は、より心地よく過ごすためにこだわりをもちつつ「ご贔屓」の品を発掘していきたいと思っています。

引っ越してきて初日に買ったダイソーの包丁も、いずれはちゃんと調べたうえでそれなりにまともな包丁に買い換えたいですし、お化粧品類は現在本当に難民状態なのでいろいろ試してみて自分の肌に合うものを見つけたいですし。

お魚も今は塩焼きばっかりですけれど余裕があるときには味噌煮とか作れるようになりたいですし(ただ味噌煮は作り置きには不向きなんですよね……悩ましい)。

あとなにより貧乏くさい「安いから買い置き」をやめたいと思っています。

ついつい、シャンプーやサランラップなどは「予備で」と一つでいいところを二つ買おうとしがちなのですが、必要な時に必要な数だけ買うようにしないと、収納スペースは増えるばかりでおまけに新しい商品を試す機会も減ってしまいます。

先日のマスク完売事件やトイレットペーパー品薄事件などの例外はありますのでなかなか難しいところではありますが、それでも買い置きするならば必要最小限だけ、食品など期限があるものは1週間で使い切れるぶんだけ買う、を徹底していきたいところです。

一人暮らしに慣れてきたからこそ、「無駄」をなくして「質」をあげていくことにもうすこし注力したいですね。